2021年05月25日

鋼の魂は再び蘇る

どのゲームも楽しみではあるのだが、復活の切っ掛けとなったメタルサーガがコンシューマー機で復活というのは純粋に嬉しい。

『メタルサーガ 砂塵の鎖』が出たときは嬉しさのあまり即購入、ロード時間を短くして快適にプレイするためにPS2のHDDを買ってしまったほど。
メタルサーガのパッケージ.jpg
その後BEST版でPV動画付き&バグ修正版が出たが、流通量が少なく手に入れられなかったのが残念だった。
HDDに対応していたり、マウスで戦車のテクスチャをエディットできたり、結構攻めた作品だったなぁ。

本家のメタルマックスがMMX(MTALMAX Xeno)とMMXR(ゼノリボーン)において、ちょっと期待していたものと違って世間の不評をかっているようだ。
プレイした身としても熱が冷めた今となっては擁護できるとは言い難い出来ではあったのだが、トニやイティカのパンツ見たりマリアの尻を眺めたりしてそれなりに楽しんで遊んだけれどね。

ゆえにXeno2の名前を冠するワイルドウエストはちょっと不安があったけれど、でもサーガも待っているのであれば両方プレイしないわけにはいかないよね!

シナジー効果でどちらも『MM4 月光のディーヴァ』以上のヒット作品となって欲しいよ。
posted by 絶壁ヒナギク at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック